チャットでエッチする時の流れとレシピ

 

チャットでエッチする時の流れとレシピ

 

簡単な挨拶から入ろう

 

「はじめまして」

 

だけでもよいので挨拶はキチンとしておきましょう。

 

ムラムラしていて今すぐにチャットエッチしたい!という時でも、

 

挨拶がないと女性からの印象が悪く、笑顔が消えたり、脱ぎっぷりが悪くなったり、エッチが適当になることがあります為、

 

挨拶はキチンとして女性に良い印象を与えるのは気持ちよくチャットHを終えるための必須行為です。

 

ここでとある風俗嬢が 本当に嫌そうな顔をしながら放った言葉を一つ

 

「いきなりおっぱいを触ってくるお客さんは嫌い」

 

逆に挨拶をしても返してくれなかった女性は注意ですね。相手との交流をしようという気持ちが無いかもしれませんのでスグに見切りをつけて別の女性を探すという手もあります。

 

挨拶を経てエッチな会話へ

 

挨拶を交わした中であればエッチの期待もしてよいですので、世間話はほどほどにエッチな会話でムードを作っていきます。

 

ここで世間話をあまりしない方が良いのは、エッチなムードに入りにくい状況になってしまうからです。

 

リアルな出会いの場合はスキンシップで強制的にエッチなムードに持っていけるのですがチャットの場合はコレができません為、

 

世間話を控えてエッチなトークでムードを作ることに専念するべきということになります。

 

具体的にどんなトークを展開すればエッチなムードに持っていけるかというと、

 

女性の身体でエッチな部分を探して言葉にする

 

これが一番簡単で使えます。

 

オナリク、脱ぎリク

 

女性の特徴からエッチなトークを展開することによってはじめて、女性にリクエストできる環境が整います。

 

ここからがチャットエッチの醍醐味のスタート。

 

女の子にリクエストという形でどんどんエッチに誘って参りましょう。

 

セクシーな唇、ドSな目つき、長くて細い手やもちろん胸の大きさ

 

こういった特徴を実際に女性を見て見つけてリクエストをします。

 

「エッチな口でフェラされたいな」

 

「その目で見つめられながら淫語を言われたい」

 

「綺麗な指で手コキされたらスグいきそう」

 

「良いおっぱいしてるね!ブラもかわいい!」

 

 

このようにスグにエッチなトークをリクエストとして変換しながらエッチな行為へとつなげていきます。

 

そして賢者タイムへ

 

家に着くまでが遠足だと学校で教わったと思いますが、その教えがやっと活きる時が来ました。

 

無事、気持ちよい最高のライブチャットエッチが終わった、すなわち抜き終わった後ですが、

 

スッキリした後に訪れる賢者タイムにより、そのままチャットを閉じたくなる時がやってきます。

 

ここで次回のチャットでエンジョイできるかの明暗が分かれるといっても過言ではありません。

 

最初に挨拶した女性ですから、やはり最後は挨拶で終えるのが紳士というもの。

 

それだけではなく、その女性からの信頼感もえることができるので、次回のチャットに誘いやすくなるのもあります。

 

そうすればまた相性の良い女性を探す手間がなく次回チャットエッチすることができるようになります。

 

数回同じ女性とチャットをすることで相手のクセや好きな行為を知る仲になれるので

 

阿吽の呼吸でエッチ可能になり、親密度はどんどん上がり、チャットがスムーズになることで通信費の削減にもなるという

 

まさに良いこと尽くしの結果が生まれます。

 

最後に挨拶するかしないかだけでこれだけの差が生じてきますので、

 

今後もチャットアプリでエッチしていきたいなと思ったら欠かさずに最後の挨拶や会話をしてからチャットを終えることを意識してまいりましょう。

 

まとめ

女の子を脱がして、疑似フェラされたり、淫語責めせれながら手コキされたり、

 

様々なアクションでチャットエッチを楽しめるようになりますので、

 

自分好みのチャットスタイルを模索して最高のライブチャットエッチでフィニッシュしましょう。