絶対に成功する女の子の接し方

せっかくチャットアプリでエッチするなら自分好みな女の子を誘ってしたいですよね?

 

そんな時に役立つチャットアプリでの女の子の接し方の考え方についてまとめました。

 

駆け引きはしなくていい

 

最近の女の子は昭和のガラケーチャット世代のギャルたちのような男を惑わす巧みな駆け引きができません。

 

ですので、単純明快、直球ストレートを投げていいので、昭和を生き抜いてきた猛者からすると

 

最近の女の子は昔に比べたら簡単だな…という印象を受けるはずです。

 

それくらい今は駆け引きはいらないので、

 

「Hしよ」

 

「おっぱいみたい」

 

これくらい具体的に意思を伝えましょう。

 

昭和を生き抜いてきたジェントルマンたちは駆け引きに慣れてしまっているので、未だに駆け引きをしようと頑張っているようです。

 

その為、これくらい直球でハッキリと意思を伝えると

 

「そこまでハッキリ言われると面白い」

 

と好評をうけます。

 

押しに弱い

 

とにかく押しに弱い。女の子自ら、

 

「押しに弱いよ」

 

と口にするほど、弱いです。

 

モジモジしてなかなか脱いでくれない、恥ずかしがって脱ぐのをためらっている女子と遭遇したら

 

しなければならない状況を作る

 

方法で、ガンガン攻めて参りましょう。

 

チャットアプリを利用している時点で女の子の意思は決まっていて、

 

”Hな行為”をしたいんです。

 

それでも、モジモジするのは

 

『どこまでしていいのかわからない』

 

『引かれるかもしれない』

 

という思いが行動を制御しています。

 

ですのでその思いを打ち消す言葉をかけてあげれば良いのです。

 

モジってブラをとっても手ブラをとらない時は、

 

「もうダメだ我慢できません!もうとっちゃお。ああ先にシコリはじめまーす」

 

と置いてけぼり感を作り出すのは効果的です。

 

人妻たちアラサー、アラフォー女子はどう接する!?

 

普通の人妻ライブチャットであれば問題なく落ち着いた雰囲気でエッチするというのが当たり前ですが、

 

若い年代がメインで利用するチャットアプリの世界で出会う人妻さんたちは感性が年齢を感じさせない若い人が多いので、

 

基本的に若い女性を相手にしているつもりで接しましょう。

 

30歳を超えてエッチな欲求を満たそうとチャットアプリをいじっている女性たちは同世代よりも行動的で肉食的です。

 

とにかく積極的に押しに弱い部分を突き、エッチな言葉を投げかけて、チャットHに励みましょう。

 

会話のキャッチボールは必要なし!

 

女の子とのやり取りをしようとするとキャッチボールのように、

 

投げたら投げ返してもらうことをイメージしますが、

 

チャットアプリに関して言えば、キャッチボールはするべきではありません。

 

なぜならキャッチボールすると女の子が”しんどい”と感じてしまうからです。

 

男性が丁度良い速度、間合い、で投げていても女性からすると”しんどい”ということがよくあるからです。

 

女性は1球だけでもうお腹いっぱいかもしれないのに、男性は投げ合いを求める。

 

これではうまくいくはずがありません。

 

ですので、やり取りする時の考え方は、

 

返してもらう必要のないボールを投げ続ける

 

これを徹底することです。

 

会話中に返答欲しさについつい疑問形で返してしまう事ってありますよね。

 

「柴犬好きなんですか?僕も好きで買うなら絶対柴犬って決めてます!」

 

みたいな。

 

リアルで女の子を口説く時にLINEやマッチングアプリでやりがちではないでしょうか。

 

エロチャットの世界にこういったやり取りは必要ないので、ここでキッパリ考え方を改めて参りましょう。

 

「こっちはもうギンギンです!いつでもいいよ!」

 

「おっぱい吸いたい!乳首お願いします!」

 

「〇〇さんのアソコ大きいって言ってください!」

 

というように、投げ返してもらわなくても良い言葉を投げ続ける。

 

それで女の子がそれやってみたい。と思う言葉があればその中からチョイスしてやってくれるという流れ。

 

いかに”しんどい”と思わせずにリクエストに応えてくれる状況を作り出せるか。

 

エッチな気分にしんどい思いは不必要なので、この考え方は本当に大事なので頭に入れておきましょう。

 

チャットアプリでの女の子の接し方がうまくなるはずです。